価値が高いということは、人々が欲しがる、ということ。

「いつまでも住み続けたい家」と思われる家
「中古でも買いたい家」と言われる家
「壊すには惜しい家」と判断される家
「高く賃貸できる家」と値踏みされる家
「同じような家を建てたい」と伝染する家

こうした家を建てることができれば、あなたも、あなたの家族も、そして社会も変わっていきます。つまり、価値が高い家とは…

 

30年経っても建て替える必要のない仕様

日本の一般的な住宅の建て替え周期はおよそ30年。25年経つ頃には、「住みにくい」と感じている人がほとんどです。構造的に頑丈であることも必要ですが、断熱性能、間取り、設備の観点からも「住みやすさ」を継続できるように建てられた家は、50年経っても使い続けることのできるものとなります。

時代の変化に対応できる仕様

家族の形態は変化します。社会や時流も変化します。それゆえに、ライフスタイルも変化します。また、空調や照明、キッチンなどの設備も新しいものがどんどん生まれています。メンテナンスは最小限でも、それらの変化や設備変更・リフォームに対応しやすい家は、生活の仕方にどんな変化が生じたとしても対応できる、そしてどんな人が暮らしても住み心地の良い、将来性のある家となります。そのポイントは、空間的な「広さ」です。

頑丈で災害に強い仕様

現在、中古住宅を購入する際に気になるポイントの一つは、「耐震性能」です。地盤は強いか? 建物は頑丈か? 住む人は安全か? 頑丈で長持ちするなら、その家は同じ規模の中古住宅の中でも異彩を放ち、誰もが「買いたい」と思うようになるでしょう。

 

しかしながら、「価値が高い家」はコストが掛かる「高額な家」と思っている方も少なくありません。実際、「予算が限られているんです…。」という悩みを告白してくださるユーザーはますます増えており、特に大震災以降、築30年になり老朽化が進む家に住んでいるユーザーの多くは、切実な状況にあります。

「土地はあるけど予算がない」「土地にお金が掛かるので建物にお金がかけられない」という方も少なくありません。

 

だからこそ、ハウジング・ワールドに任せてほしいのです!

同じ予算なら、できるだけ価値を生み出すほうがいい。

同じ予算なら、できるだけ長く愛着を持って楽しく暮らせるほうがいい。

安い家」ではなく、本当にいい家を「できるだけ安く、リーズナブルに」建てること。これは、営業費・宣伝費・広告費に多額を投資し、同じ仕様で住宅を大量生産している大手住宅メーカーや工務店には、ほぼ不可能なことなのです。

例えば、『無垢材にしたい』と要望を出しても、「当社では取り扱いが無いので、大幅な仕様変更でコストが上がります」と言われます。

本来なら、100年住宅を建てることは。誰にでもできるはず。100年以上使われている住まいの技術を使えばよいからです。

 

ニセモノの「注文住宅」?

使い捨ての建築材料を大量に生産・販売・消費するビジネスモデルに乗っている建築業者、またそうしたビジネスに押されて価格競争でしか対応できない建築業者は、彼らのビジネスモデルには合わないので100年住宅仕様を採用しません。できないのです。

しかし、実績から言って、限られた予算の中で、建売住宅や他の大手住宅メーカー・工務店での注文住宅よりも頑丈で長持ちする広い家を作ることは可能です。同じ予算で、大手住宅メーカーよりも頑丈な構造躯体と広い空間を実現することできます。

4寸角、5寸角、7寸角の構造躯体のどれでも選べます。もちろん、巨大な大黒柱だって。30畳のLDKや大きな吹き抜けも、余裕を持って設計することが可能です。

間取りや内装だけでなく、住宅寿命や構造も選べる「完全自由設計」の家こそ、真の意味で「注文住宅」ではありませんか?

 

つまり、「何年使う家を作るか」というスタートが選べる

住みたい年数で家を選ぶという概念が、世界にはありますが日本では欠落しているようです。

限られた強度と狭さの中で間取りをやりくりするのではなく、頑丈な構造躯体と健康に良い素材を選択し、同じ坪単価の範囲で「最大の効果を持つ家」「もっとも広い家」「より満足度が高い家」「同じ年数が経ってもより高い売り値がつけられる家」が建てられるのです。海外ではそういう家づくりがなされています。

著書をお読みいただき、『クリスタル・ハウス松岡邸』や他の現場をご覧いただくことによって、松岡在丸がどんな家を建てようとしているのか、ということが一目瞭然になります。

まずはあなたのご予算を臆せずにご相談ください。頑丈な家づくりは坪45万円から可能です。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.