二世帯住宅から考える、100年住宅のメリット

住宅は、これから先「どういう風に利用していくか」となります。もし住まなくなった場合には貸せる、という風に収益を上げていく一つの手段になります。土地はこれから値段が下がるということを考えると収益性はありません。

悪いものを見抜ける子供を作れ

鮭が上るほどキレイな川なのに「汚染されている」として問題視されていたカナダはバンクーバーの事例から、子供が自然に触れることの大切さを学びます。

テレビに負ける会話の家

食事時にテレビを観ながらたくさん会話を楽しんでいたはずの家族が、ある日、テレビが壊れて無くなった時、会話もパッタリ無くなってしまったんです…。どうしてでしょうか!?

もっと「いい家」ができる

    「もし、今あなたが購入しようとしている家が、30年の寿命しかないとしたら、あなたは不幸になるでしょう。 その理由は、あなたが35歳でローンを組んで買ったとしても、65歳になったら、その家がボロボロになり、まったく資産価値がないものになってしまうからなのです。 たとえそれまでに住宅ローンを払い終えたとしても、これでは何も残りません。 欧米の住宅事情に精通...

男性読者お断り! 女性のための賢いイギリス伝統の家づくり

    「『家は20年で建て替えてもらったほうが、業界全体が潤う! 「100年持つ家を建てよう」だと? 貴様はいったい何を考えているんだ!』 と、差出人不明のメールが、続々舞い込むようになりました。 私は同業者として悲しくなりました。同業者の多くが、家づくりの何が大切かについては一切ふれようとはせず、自分たちの利益優先主義のために『操作された情報』だけを発信し続けよ...