新築やリフォームのプランを建てようとするとき、よく夫が「妻にまかせています」と言うのを耳にします。

自分の毎日に関わることですからね、奥様達も、大変だとは感じつつも、楽しみながら真剣に考えます。

しかし、家というのは男性ももっと積極的に関わらなければいけません。

でも、一緒に考えようとしてもどちらかと言うと言い争いになってしまうことも少なくありません。

その理由は、家づくりに対して期待すること、目線が視点が異なることが挙げられます。

 

女性は生活とインテリアにこだわりたい

毎日の家事や炊事、そして気持ちよく過ごせるインテリアという観点から、やはり女性目線で家づくりを考えるのは重要です。

現時点では、奥様のほうが家を「使う」割合が大きいのが一般的。

動線や家族のコミュニケーションを考えたキッチン、掃除がしやすい部屋の間取り、見た目に美しいインテリアのセンス。こうした点は、たくさんのインテリア系雑誌でセンスを磨いたり、主婦同士の会話などから知恵を得たりと、とても発展的に検討されていきます。

とはいえ、各論にこだわりがちなケースもあります。小さなところばかり気にして、大きな部分、長期的な部分に目が行かなくなるものです。

例えば、手持ちの食器を基準に食器棚の仕様を決めるかもしれません。でも、食器は入れ替わってゆくものです。家を取り壊す時期まで同じ食器を使うということになるかどうかは分かりませんし、増えることもあれば減ることもあります。

こうした「今、見える部分」に気持ちが集中すると、長期的視点に立って物事を見る余裕がなくなっていきます。総論から見た時、この配置で建物は長持ちするのか、このインテリアは何年間気に入って使えるのか、ライフスタイルの変化に対して対応しているのか、などですね。

 

男性は構造や耐用年数の判断が得意

家が長く使えるのか、その資産価値はどれほど残るのか、という経済的な面で判断力が長けているのは、経験的にはやはり一般的には男性の側です。

その建物そのものがどれだけ構造的に頑丈で、しかも中古住宅としてどれぐらい高く売れるようになるのか。

長期的な目線で物事を見ようとしたときに、その家のメンテナンスにどれだけの費用が掛かるのか、非常事態に対してどれほど耐久性があるのか、そんなポイントを押さえておきたいもの。

費用効果コストゲイン、という観点で見ることができると、その家の耐用年数にもっと気持ちが向いていきますよね?

すると、工法の差、建材の差、暮らし方の差というものを気にするようになりますし、そこから検討していくと、よりリーズナブルな家づくりが出来るようになります。

働くということは、お金のことを考えているということ。お金を作ることを考えるか、お金を賢く使うことを考えるのか。

この視点の違いが、夫婦それぞれの立場の違いにも反映されてきますから。

 

原則と適用

長期的な視点で考えるのであれば、「原則」として正しい概念を学び、それを中心に家づくりに取り組むことが必要です。

それに対し、今すぐ関係する「使用感」については、「適用」として正しい概念を学ぶ必要があるわけです。

夫婦が一体となって家づくりをするのであれば、両者がそれら両方を学び、共通認識を持ったのちに、それぞれの得意分野で力を発揮するのが良いでしょう。

ですから、面倒くさいからと言って「妻に任せている」ということに収束させてしまうのではなく、双方の得意・不得意を補う仕方で家づくりに取り組んでみられるのはいかがでしょうか。

 

こうすることによって、家づくりで夫婦喧嘩をすることが少なくなりますよ。せっかくの家づくりですからね、遠慮はしたくありませんが、できるだけ楽しい思い出にしたいですよね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.