例えばリビングが狭いと?

一家団らんを楽しみたいと思っても、どこに集まればよいでしょうか?

例えば8畳程度のリビングでも、パパ、ママ、幼い子供たちで十分のスペースかもしれませんが、このスペースでは子供が大きくなるにつれて皆が一カ所に集まりにくくなります。

家族の集いは親が年老いてからの方が大切。そのための十分な広さを確立する必要があるんです。

 

「天才」と呼ばれた芸術家・発明家たち

有名な芸術家や発明家が子供の頃に住んでいた家、創作活動に勤しんだ場所というのを追ってみると、とても広い場所、また天井が高い家、ということが分かってきます。

比較想像してみてください、狭くて窮屈な場所で机に向かって必死になる姿と、見上げる高さがある空間で開放感に満ちた状態で学び、考える姿を…。

情緒豊かでゆとりある精神状態を生み出すのが、水平方向だけでなく垂直方向の広さ(=高さ)なんです。

 

広さの解決策を考えよう

押さえておくべきポイントは、主に3つあります。それは…

「吹き抜け」
「収納減らし」
「共有スペース削減」

です。詳細はこのサイトで順次扱います。が、気になる方は勉強会でお尋ねいただくか、電話相談もお受けしております。

お気軽にお問い合わせください。