家のデザインは、構造的なバランスとも関係があります。

出来るだけ四角く、出来るだけ左右対称に、それぞれの柱に均等な力が掛かるように設計することで安定します。

その建物の内部空間が大きければ大きいほど構造躯体が頑丈でなければなりません。

つまり、左右対称で美しいということは、単なる視覚的な問題だけではなく、家が頑丈で長持ちする秘訣でもあるわけです。

そんな事例がこちらの事例。オープンリビングから玄関に臨むこの位置から、左右対称であることが分かります。

20150311pic02

外観正面を見ても、その左右対称な構造が見て取れます。

太い柱を用い、家の内側から2本の大心柱が支えるこの左右対称の家、頑丈で無いはずがありません…。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.