CASE05. 意味もなく2階にLDKを配置しないで

  間取り満足度11.2% バッシングを受けてしまう覚悟で述べるのですが、「一体どうしたらこんな最悪な間取りに行き着くんだ」とがっかりしてしまう家の例です。おそらく南東側に道路が走り、近隣住宅も密集しているところにある狭小地。 この家は誰が主役なのかもわかるようでわからない、正直言って、工夫しようと思って一回りして失敗してしまった例でしょう。住んでいる方は、完全に損な暮らしをしていると思い...

CASE06. 玄関、廊下、階段。とにかく客を入れない仕様だ

  間取り満足度20.2% 家というのはもちろん自分と家族が中心となる仕様になるのですが、親族や友人などの来客についても考える必要があります。 人が集まる家は、孤立化を防ぎます。また、巣立って行った子供たちが遊びに来やすくなります。 ところがこの間取りの家を見ていると、とてもお客さんを呼べる仕様にはなっていません。   玄関~廊下~階段 狭い玄関と廊下、す...

CASE04. 広くて場所も良いと思えるリビングダイニングの欠点

  間取り満足度31.5% 比較的大家族でも過ごせそうな、広いリビングを有する4LDKの豪華な物件。しかし、家族の一人一人が互いにコミュニケーションを取らなくても日々を送れてしまうという観点から、辛めの採点となり、満足度は31.5%という結果になりました。とにかく「勿体無い」というところが随所に見られるケースです。   リビングが玄関から精神的に遠い 南側にテラス、東...

CASE03. 細くうねった廊下は作ってはいけない

  間取り満足度22.5% 2階にリビングなどのファミリースペースを設けるプランニングが流行った時期があると思いますが、今ではそれが良い間取りとも言えないことをユーザー側も理解するようになりました。 その理由となるポイントはいくつかありますが、今回の平面図の事例はまさにそれを露呈しています。満足度は22.5%と低く、決して中古住宅として購入することはお勧めしない物件です。  ...

CASE02. キッチンの位置と暗さが気になる細長い家

  間取り満足度36.0% 土地に限界があったのかもしれませんが、東西に細長く建てられた2階建て住宅。限りあるスペースをうまくやりくりしてまとめられたプランニングなのですが、気になるのは毎日使うキッチンの存在。   朝が暗くならないか? 一日のスタートはキッチン。毎朝食事の支度をする主婦の観点から、キッチンが過ごしやすく使いやすい空間になっていることが望ましいですね。 ...

CASE01. 南側に広いリビングがあるけど、何がいけないの?

  間取り満足度33.7% 確かに広いリビング、日当たりの良い部屋の多いこの間取り。ですが、様々なポイントをチェックしていくと、満足度はそれほど高くなく、33.7%という結果になりました。   狭い玄関 玄関からリビングに至る通路は、半間ほどしかありません。しかも、そこにトイレがあります。これでは、玄関は単なる「通過点」という使い方になります。 これでは、玄関口...