木と空間と光のコラボレーション

  2014年中に建築した事例の一つに、大空間を大径材によって支える「大・通し柱」の家。 この工法は、太い通し柱で主要な空間を家の「芯」から支え、それを補強するかのように配列された太角材が家の骨格を全体的に頑丈にしているのが特徴です。 こうした構造躯体が可能にするのが、大きな吹き抜けにおける大採光。光を大空間に取り入れることが出来る為、家の中全体が明るく照らされて快適になります。 ...

東京にだって建てられる、巨木が支える大空間木造住宅

  東京に、まさかこんな大空間が実現できるとは。 ど真ん中で巨木が家を中心から支え、それでいてその大黒柱が全く邪魔にならない。そんな家づくりを東京で実践できるということを知って驚く方も少なくありません。   「吹き抜け」があっても光熱費が上がらない? そこが東京であろうとどこであろうと、大空間を実現しようとしたら鍵となるのは「吹き抜け」の使い方。一般的には吹き抜けは光...