古い家に住む人のほぼ100%が答える悩み

すばり、「寒い」というもの。古い家は断熱性能も低く、冬はとても寒くて外気とほぼ同じ温度ということも稀ではありません。

日本は四季がある国ですから、本来は北海道の住宅並みに断熱性能が高くなければなりませんが、いまだに東京の家では寒い。

寒さは万病の元とも言われますが、寒いだけで人生が暗くなったり悲観的になったり非活動化することも。

ですから、室内が適切な温度に保たれることは必須の条件です。

 

エコは単なる光熱費削減ではなくなった

以前は光熱費を下げたいという考え方が主流だった高断熱仕様ですが、3.11の大震災以降、エコであるとはライフラインが寸断されたときの緊急対策という意味合いを帯びるようになりました。

節電対策のためにエアコンの温度を高め/低めに設定するなど、断熱性能が高ければ容易になるものです。

暖房器具を使うと家の中が乾燥しすぎて体調を壊したり、夏はエアコンで冷房病になったりと、健康面でも配慮が必要です。

 

適温の解決策を考えよう

押さえておくべきポイントは、主に3つあります。それは…

「断熱材」
「オール電化」
「窓」

です。詳細はこのサイトで順次扱います。が、気になる方は勉強会でお尋ねいただくか、電話相談もお受けしております。

お気軽にお問い合わせください。